Chiang Mai Diary

チェンマイにロングステイ中 日々の生活を綴るブログです。

3BBの快適ネット環境

タイにきてネットは試行錯誤の日々でした。

1.ひどかった
CyberPoint
我がコンドにはCyberPointというwifiネット業者が入ってましたが、これがすこぶる不良。
毎月使いきりの650B(2000円くらい)カードを購入して使用し、
決して安くはない料金なのに、PC1機のみ(携帯使えず)で年中接続不良を起こす。

特に朝はつながらないことすこぶる多し。
モデム設置場所近くの私の部屋ですらこんな状況なので、離れた部屋では更ににつながりにくく、
雨や風でもつながらなくなるとのこと。
電話で苦情を言うと、通話は本社バンコクへの通常電話となり、文句を言うたびにバカ高い通話料金がチャージされ、
(それを知らずに当初、何度も何度も苦情を言い、のちに何百バーツの電話代請求が来た。)
それなのに、苦情を言っても点検も改善も何もないまま放置なのだ)

Cyber Pointのホームページ

Review: Cyberpoint Internet – Poor Customer Service and Worst ISP I’ve Ever Used in Thailand



2.隣室のイスラエル人のWIFI借用
自分のPCのWIFIステータスをみるとMAOZ ○○○○という無線がとても強い電波として認識されている。
コンドの各部屋のポストに質問を入れ、てこの無線の所有者をつきとめると隣室のイスラエル人だった。
電話線を引いて、3BBのADSLをWIFIで使用しているとのこと。
そこで300Bでシェアーさせてもらうこととし、しばらく快適に使えていた。
PC2機と携帯が使えてとても便利だったが、このイスラエル人Mが別の部屋に引っ越し、シェアーできなくなった。

3BBのホームページ



3.自分で3BBのADSL回線をひく
Mが利用していたプロバーダー会社3BBに赴き、電話線によるADSL専用回線をひくことにした。
タイでの主流はまだADSLで、光ファイバーが少しづつ普及し始めている状態。
待ちの中心地で使われ始めた光ファイバー回線も、少し外れたチェンマイ大付近のこの辺りにはまだ回線が引かれていない。
回線を引けるのは3BB社のADSLだけ。
ただしコンドの電話回線に空きがあり、Mのように自分で独自回線を引かずにすんで安上がり
(Mは専用回線を引くのに3000Bかかったというので私もそれを覚悟したが)
月々の支払いは630B。PCも携帯も何台でも自由に使えて、快適なネット環境だった。


4.トレーディングツールが使えぬ悩み

しかし、デイトレしてみたら、楽天証券のMS(マーケットスピード)が使えない。
タイではどこでもMSがつながらない。

CyberPoint、3BB、バンコクやチェンマイのホテル、飲食店などのWIFI…すべてダメ。
つまりタイではどのプロバイダーでも
MSに接続できない。


楽天の説明では、MSが使えない理由は;

  プロバイダーがプロキシサーバやキャッシュサーバを使っている場合

  ポート80が利用できない場合(例えばファイアーウオールの設定などのため)

  その他設定に問題がある場合

(例えばセキュリティールーターの設定次第でMSが接続できない場合あり)

 

そこで3BBに出向いて直してくれるよう依頼。

この間、1,2か月、私が3BB支店に出向いたのが5回、

3BBの技術者が私のコンドにきてモデムの設定変更をしてくれたのが3回、

バンコクの技術者からの電話が、4,5回。

その結果、最終的に、このバンコクからの遠隔操作で設定変更でき、やっと完璧につながりました。

TeamViewer11とWire sharkというアプリでポート80の色々なIPアドレスにアクセスして接続の可否を試し、

可能なIPアドレスに接続固定した模様です。


5.サポートのよさに感激
最終的な解決までに時間はかかったのですが、無料でここまで誠実に対処してもらえ、
直してもらえるとは全く予期していなかった。
サポートサービスの良さに感激しました。

苦情を言うと、翌日には技術者が自宅にきて修理してくれます。
(バンコクの場合も翌営業日に、バンコクからすぐ電話がきた)

それから支店の受付のおねーちゃんが、「自分が直せる」といって私にPCとモデムを持ってこさせ、
その場でキーボードを叩いて設定変更してくれたのには驚きました。
英語もわかるし、技術的なこともわかるし、金色っぽい茶髪のおねーちゃんだけど、
ただの受付嬢ではなかたんですねえ。

(自宅にきた技術者は、英語がわからず、問題点が把握できず直さずに帰った後で彼女が直してくれたのです)

ただ、この設定変更は2,3日でダメになってしまったので、
再度支店に出向いて永続的、抜本的な修正変更を依頼すると、
「チェンマイにはそれができる技術者がいない」といって、バンコクに連絡し、遠隔操作に至ったわけです。

最終解決までの経緯は、
バンコクから3,4回電話があり、彼の指示で私がPC操作したけどうまくいかない。

すると翌日チェンマイの技術者2名が自宅にきて、バンコクと電話で話しながら、

TeamViewer11とWire sharkを私のPCに設定し色々なIPアドレスへの接続を試し
(私にパスワードを入れてログイン可能かどうかを1つ1つ試しながら)
適合するアドレスを見つけて解決に至りました。

このサポートの速さには感激しました。
翌日には技術者がすっ飛んできて無料で直してくれる。
これは日本ではありえない。
絶対に何日か待たされるし、バカ高い請求書が来るのは必須。

もしかして、これは、サポートがヒマなのではとも思えちゃいます。
最後の日は2人もきたけど、いつもくる(英語がわからない)お兄ちゃん一人で十分。
なんでぜ大の男が2人も来るのか…
これはつまりタイでは、労働環境にゆとりがあって余剰人員がいっぱいいるって
ことではないかと思ってしまいました。

6.一時停止も可能
更に意外だったのは、サービス停止もできること。
日本に2か月帰国するから前払いしたいと申出ると、2か月休止可能といわれ、2か月止めることにしました。
日本ではネットを2か月止めるとか、そんなことが可能なのか。
携帯も、ここでは
電話番号を保持したまま、解約料もなしで長期間不払いできるし、
労働力にゆとりがあって、すぐにすっとんでくるし、

タイの通信環境には大満足の私です。


チェンマイ大学大学院トレッキング

Graduate School Chiang Mai University


同じコンドのタイ人がyou tubeで見せてくれました。
チェンマイ大学大学院の新入生歓迎行事としてのドイステップのトレッキング。
ドイステップ山麓11kmを、一緒に歌いながら、助け合ってかけあがる。
連帯感が培われ、生涯の忘れえぬ思い出になる行事






 

下記ブログで、月5万円で暮らせる最も住みやすい都市として
チェンマイが推奨されています。

以下同ブログからチェンマイの部分だけ抜粋しました。

海外ノマドぐらし > ノマドぐらし軌跡まとめ > バジェットトラベル・月5万円で暮らせる都市(東南アジア編)

バジェットトラベル・月5万円で暮らせる都市(東南アジア編)

『月5万円』の暮らしが可能な都市

タイ・チェンマイ

チェンマイ旧市街

  • 住:4,500 THB(約15,400円)
  • 食:4,500 THB(約15,400円)
  • 住+食 合計:9,000 THB(約30,800円)

チェンマイは住も食も安くて治安も良くていいなあ。ネットスピードも速い。今のところ1番オススメです。

チェンマイの住

住は130バーツ(440円)できれいなドミトリーとか普通にありますし、4500バーツ(月約15,400円)程度で外国人向けのきれいなアパートを借りることも可能です。もちろん個室、バストイレホットシャワー付き!

▼私が住んでみた部屋はバスタブ付きなのでちょっと高め。でもバスタブ付きで月2万円以下!

チェンマイの食

チェンマイはタイの北部にあり、位置的にはラオスに近く食も似ています。北タイ料理になるのでバンコクとはちょっと違うんですよね。カオソーイというカレーヌードルやサイウアというハーブ入りのソーセージが有名です。また、オードブル・ムアンといってナムプリック(タイ風ディップ)や野菜・ソーセージなどが盛り合わせになったものも北タイ伝統料理レストランで楽しめます。


チェンマイ・カオソーイ(タイのココナッツカレーヌードル)

チェンマイ、北タイ料理


伝統料理のレストランだとそれなりにするんですけど、日々の食事は安く、

1食30〜40バーツ(約100〜135円)とバンコクよりも若干安い気がします。

(バンコクは35〜50バーツくらいかな)
バンコクのように路上で屋台…というのはあまり見ず、ちゃんと店舗を構えていたところが多かったです。

街もコンパクトなので、歩くのが苦にならなければ特に交通機関を使わなくても暮らせます。



2014年 タイ・チェンマイの生活費と物価
http://jp.kumi-log.com/nomad-life/cost-and-price/chiangmai-living-cost-2014/
(ア イキャッチ画像 : Thai Bank Notes with an emphasis on 1,000 baht by Karn Bulsuk)こんにちは、くみです。私の2014年4月・5月のチェンマイでの出費から、一ヶ月30日分の生活費を計算してみました...
 jp.kumi-log.com

====================
筆者コメント

チェンマイ居住者として異議なし!
私の場合、基本的な生活費は;
(月々の必要生活費)

・住居費(コンド:24畳家具付きワンルーム): 6000バーツ+諸経費(水道・電気・管理費・飲料水)1000バーツ
・インターネット代金:  630バーツ
・食費:          3000バーツ
・雑費:          500バーツ
・スマホ          50バーツ

合計12,000バーツ(日本円はおよそ3倍=36,000 円)
 
食費は外食と自炊半々で、3000バーツで十分。
外食は、例えば、チェンマイ大学の食堂で、ぶっかけご飯+スープが25バーツ

KIMG0213
 
チェンマイ大学の25バーツ(=75円)ご飯


野菜、コメ、…食べ物はすべからくすべて安い。
衣類は手持ちのTシャツGパンだけで足る。買わない。
冠婚葬祭、交際費なし。
徒歩と自転車で足りるので交通費もなし。(ソンテクを利用してもせいぜい月百バーツ程度)

ドイステープの緑の山に囲まれた盆地で、1年中温暖な気候、
おっとりしたタイの人たち、治安もよく、ネットもよくつながって、ほんと暮らしやすいところですよ。

子供たちの誕生日を祝う踊り

日本の新祭日「山の日」の翌日8月12日は、タイでは、シリキット王妃の誕生記念祝日。
「母の日」としても祝われています。

Kad Suan Kaew ( セントラルデパート)では、きらびやかな歌や踊りが披露されていました。
子供らによる歌と踊りです。


KIMG0197




日本では以前から水道水の安全性が疑われていましたが、
原発事故後は、関東地方水の汚染が取りざたされてきました。

http://blog.goo.ne.jp/mokushiroku666/e/f596f1c610d2dac73a20486cdd01e643

そんなおり、パックテストによる簡易な水質検査の存在を知り早速実施。
硝酸、亜硝酸の存在を簡単に見分けられるテストで、
①検査水をこのパックに浸す。
②3分待つ。
③赤く変色すれば、硝酸(亜硝酸)が存在。無反応(無色)なら硝酸(亜硝酸)なし。

KIMG2556

 株式会社 共立理化学研究所
〒145-0071
東京都大田区田園調布5-37-11
http://kyoritsu-lab.co.jp/

パックテスト 硝酸 - 共立理化学研究所


この硝酸テストの結果は;
  • 日本の水→全負
  • タイの水 →全勝

日本の水

自宅の水道水

KIMG2460


自宅の水道水+購入した飲料水(〇〇の秘水ブランド)
KIMG2464



某有名温泉(薬石の湯)
KIMG2540

この温泉が提供するマイナスイオン水
(正月帰国時に検査。最高レベル(10)の鮮やかなマゼンタ!)
KIMG2543


KIMG2542

こんな水を、体にいいと思って、サウナのあといつもがぶ飲みしていた私。
(行くたびに何トンも飲んだ!)
落ち込みました!


タイの飲料水
私のコンドが提供する水。1リットルボトル×20本:ケース1箱40B
KIMG2554



KIMG2553



日本では、
  1. 自宅の水道水から購入した水道水
  2. 地下200メートル温泉水
  3. 地下400メートル温泉水
  4. 購入した有名飲料水
等を測定したが、濃淡はあれどすべて赤色反応
  ↓
無色は一度も目にせず。

ところが、タイで ’15年夏頃に検査すると、
コンドの飲料水、セブンイレブンで購入した飲料水等、
すべて無色!

愛知出身のロングステイ仲間Aさんにも検査してもらったところ、全く同じ反応。
(愛知の水は、購入した別ブランド飲料水も含め」すべてピンクの反応。)
タイでは、(私とは別ブランドの)飲料水もすべて無色。

経験したことのない無色の反応に思わず感動する私とAさん!

========
後日談

しかし、半年後(2016年2月)に再検査したところ、わがコンドの安い飲料水
(6円/リットル)は、わずかな赤色反応

KIMG2610


知人のコンドの飲料水は、ずっと無色(↑一番左)
水道水だけわずかな赤色反応(↑左から2番目)
わがコンドの一番安い水が(↑左から3番目)
レストランで購入した飲料水が一番高価で一番強い赤色反応(↑一番右)でした。






結論
  • 日本の飲料水はバカ高くて、全部危ない。
  • タイ〃         安くて、ほぼ安全。

↑このページのトップヘ